50歳でクビ~60歳まで自由に生きる~海外沈没への道

50歳前に解雇されて、旅立ち、その後10年自由に生きる事を目指します!

2020年正月 バイク旅 パタヤ~シラチャ~ラヨーン①

一番最近の旅は、2019年の年末~2020年正月にかけての9泊10日の旅。

初日は日本からバンコクパタヤへの移動。翌日、レンタバイク探しに。ソイ・ブアカーオ入口あたりの、小さなブースでやっているお店で借りた。そこにいたおばさんはオーナーで、息子と一緒にレンタルバイク屋をやっていると言っていた。

 何となくおばさんの人生 ー子供を産んで、一生懸命子供の為に働いてきて、中古のバイクを買いそろえて(念願の?)レンタバイク屋を始めたー 、が見えて、何か可哀そうな気持ちになって、そこで借りることにした。

f:id:Jack-K:20210926143448j:plain

パタヤの町並み
借りたバイクと値段は?

 毎回値段と実車で色々迷ってしまう。向こうのバイクは必ずハンドルとかに違和感があり、例外なくぶつけたり事故ったりしてるような感じだ。へんな癖がある。

 今回はそれなりに長距離なので110ccでなく、135ccを探したと思う。最終的に借りたのは、SuzukiのHayateで125ccらしかった。日本では110ccのスクーターに乗っているが、それに比べて、パワーと伸びがあった。

 

f:id:Jack-K:20210926100208j:plain

パタヤで借りたバイク

  6日間で780B+デポジット1,000Bだった。1日辺り130B。(約472円)前回もそうだが、130Bは普通みたいだ。自分の中では200B位が基本で、パタヤは150Bの店が多くある、とうイメージだった。綺麗なら200BでもOKかな、という感じ。ただその感覚は約30年前のもので、その当時から変わってない。

 パタヤも旅行者が増え、それに伴いレンタルバイクも増えて、競争が激化して値段がさがっているという事なのかもしれない。

まずは隣町のシラチャーへ!

 パタヤからは、スクンビットロードをまっすぐ。このスクンビットロードは、あのバンコクスクンビットロードだ。つまりバンコクまで繋がっている。10年ほど前に、ひたすら道路沿いをバイクで走って、バンコクまで行った事もある。

 今日はシラチャーまで。途中レムチャバンのハーバーモールという所で休憩。ここは昔シラチャーに住んでいる時に、週末買い物に来た場所。このレムチャバン~シラチャーの道のりをバイクで走るは週末の1つの楽しみだった。ただ景色がいいという訳でもなく、何がある訳でもないが、すごく開放的な気分になり、好きだった。

f:id:Jack-K:20210926144740j:plain

シラチャーの海岸線

 パタヤから2時間ほどで、シラチャーについた。

 この町は、タイの中でも好きな町の1つだ。なんとなく雰囲気が好き。駐在員など日本人が多い町だというが、住んでる時はそんな多いとは感じなかった。 

 ここに住むには、個人的にはバイクは必須だと思う。住んで会社と往復だけなら、歩きで事足りるけど、やっぱり足があるのとないのでは違う。

Jパーク日本人村へ

f:id:Jack-K:20210926150504j:plain

Jパーク・日本村

 当時は建設中だった、AeonやJパークに行ってみる事に。Jパークは意外に遠かった。「シラチャの中心部に住んでる人はどうやってくるのかな?」「わざわざこんな所まで足を運ぶかな?」って思うような町外れにあった。

 それでも近くに日本人学校もあるし、実は駐在員の方達が結構住んでるのかもしれない。

 中は日本風に作られていて、日系のチェーン店がいっぱいあった。ダイソーもあった。でも1回来れば十分かな。何を期待してた訳ではないが、少しがっかりした。 
 

唯一の?観光スポット、ロイ島

 シラチャーにはロイという島があり、橋で繋がっていてバイクで行ける。島内にはお寺があって、前に1度来たことがある。週末になると島は車で溢れかえり、橋の上まで路駐でいっぱいになる程だ。

f:id:Jack-K:20210926152030j:plain

正面に見えるのが、ロイ島

 ここからはシーチャン島へ渡る船が出ている。ここに住んでる時は、身近に船で行ける島がある事すら知らなかった。今度来たら是非行ってみたいと思う。

 レンタバイクもあり、バイクで島を回れるらしい。

 今、改めてシラチャーの写真を見てるけど、今すぐにでも戻りたい気分!

今度行けるのはいつになるのだろうか・・・。